スポンサードリンク

人気の和倉温泉で、お土産ランキングベスト5を探してみた…

旅行

人気の和倉温泉で、お土産ランキングベスト5を探してみた…
  • スポンサードリンク
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

石川県能登半島に位置する「和倉温泉」は、開湯1200年の歴史を誇る石川県を代表する人気の温泉地。プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で連続1位に輝く老舗高級旅館「加賀屋」をはじめ、レベルの高い温泉旅館やホテルを数多く抱えています。年間を通して多くの温泉客が訪れる和倉温泉には、地元の素材を生かした定番菓子や人気のスイーツなど、個性的なお土産が揃っています。

出典 http://tabijikan.jp

①安田屋製菓 「ひっぱり餅」

安田屋製菓 「ひっぱり餅」画像

「ひっぱり餅」は、源義経が奥州・平泉へ逃れる際に立ち寄った福浦港にて、弁慶が旅の携帯食にと餅をひっぱって作ったという伝説があることから、その名がついたと言われています。福浦では、数名でお餅を四方八方にひっぱり、薄く伸ばして食べる習慣があるのだそう。能登名物「ひっぱり餅」は、福浦のひっぱり餅を現代風にアレンジした餅菓子で、地元・能登産もち米を使用したお餅の中に小豆が入っています。やわらかなお餅と上品な甘さの小豆が見事なバランスで、ついつい手が伸びてしまう美味しさ。プレーンの白ときなこをまぶしたものの2種類あります。

出典 http://tabijikan.jp

②ル ミュゼ ドゥ アッシュ 「YUKIZURI」

ル ミュゼ ドゥ アッシュ 「YUKIZURI」画像

「ルミュゼドゥアッシュ」は、石川県出身の有名パティシエ辻口博啓氏と和倉温泉の老舗高級旅館「加賀屋」がプロデュースするお店です。店内には金沢・能登の美を表現する洗練されたスイーツが並びます。「YUKIZURI」は、石川県を代表する素材を巧みに使用して、フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントに作られた焼菓子。加賀藩前田家の家紋にちなんだ梅(通年商品)のほか、季節限定のフレーバーが楽しめます。石川県のお土産の新定番として、人気の商品です。

出典 http://tabijikan.jp

③まつや 「とり野菜みそ」

まつや 「とり野菜みそ」画像

「まつやのとり野菜みそ」は、加賀・能登の伝統から生まれた調理味噌。石川県民の食卓に欠かせないものとして「マツコの知らない世界」や「秘密のケンミンSHOW」などのテレビや雑誌等のメディアで何度も紹介されている調味料です。鍋や炒め物など、幅広い料理にアレンジ可能な万能調味料です。

出典 http://tabijikan.jp

④梅屋常五郎 「大豆飴(まめあめ)」

梅屋常五郎 「大豆飴(まめあめ)」画像

梅屋常五郎は、石川県七尾市にある大正4年(1915年)創業の老舗の和菓子店。「大豆飴(まめあめ)」は、能登・七尾の名物の1つで、かつて加賀藩前田家に献上された由緒ある菓子です。水飴ときなこを原料にした飴菓子で、その独特な風味と素朴な美味しさが人気の郷土菓子です。

出典 http://tabijikan.jp

⑤なまこや 「このわた」

なまこや 「このわた」画像

「このわた」とは、なまこの腸で作った塩辛のこと。能登名物として知られ、ウニやからすみと並んで、日本三大珍味の1つに数えられています。酒の肴にはもちろん、熱々のご飯の上にのせて食べても美味しくいただけます。小瓶のほか、お土産用に竹筒入りもあるので、お酒が大好きな方への能登土産にぴったりです。

出典 http://tabijikan.jp

編集後記より


お土産と言えば、スイーツが主流な最近。
しかし、「和倉温泉」のお土産は種類が豊富!

北陸ならではの、お酒のおつまみが
個人的にはたのしめそうです(笑)

スポンサードリンク
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • スポンサードリンク
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサードリンク

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸